コロナウイルスでの大学の対応

コロナウイルスでの大学の対応

おはようございます!
連休でも野球頑張ってきました!人事部・大部です!⚾🔥

今朝ネットサーフィンしていた時に見つけた記事が興味深いものだったので、
その記事を見た感想という形で書いていこうかと思います!

退学希望者が続出「幻滅大学」の酷すぎる実態 コロナで浮き彫りになった格差

タイトルからして皆さんも気になりませんか!?

コロナウイルスの影響で、採用活動を終了せざるを得ないもしくは採用ゼロで幕を閉じた企業も多くあります。
その中でZEALでは、緊急事態宣言が出た際にはオンラインで対応していて、
現在に至るまでも採用活動を続けています。
学生に大学事情に関して聞いてみると、
「秋学期もオンライン」
これが大半でした!

高校以下のお子さんがいる社員の方に聞くと、
通常通りではないとはいえ、オンラインではなく、「学校に通っている」と言っている方がほとんどです。
何故大学だけなんでしょうか!

皆さんも是非、上をクリックして記事を読んでいただきたいのですが、
大学での退学者が続出しているって結構大ごとだと思うんです。
折角受験勉強も頑張って入った大学なのに4年も在籍しないで去るなんて・・

人により、人生をどう過ごすのかは勿論違いますし、
僕が何かを言えることではありません。
でもやはりもったいない。
だからこそ、大学での対応の仕方は大事になってきますね!

今回記事を読んでいて、大学生による気持ちを知ったのも大きな収穫ではありますが、
大学でなく、採用でも同じことが言えると思ったんです。

特に緊急事態宣言が出ている中では、オンラインでの説明会や面談、面接が多かったです。
その中で学生側も企業側も、「相手の真意が伝わってこない・伝わりにくい」と感じたり、
ネット環境の不備で学生にも不安感を与えたり・・

どんな状況下でも、冷静に対応すること!
冷静かつ、「相手」に寄り添う姿勢を忘れないこと!

当たり前ではありますが、この2つを改めて考えさせられました。

今回の記事は「退学者が多い」ということがメインに取り上げられていました。
改めて、今大学に属する皆さんに言いたいのが、
「本当に辞めてしまっていいのか?」
学費問題もあると思います。
前述したように僕が言っていいことかはわかりません。
皆さんの人生どう過ごすのかを深く、よく考えてほしいと思います!

ZEALのトップ層でも常に、
「人生のロードマップを描け」と言っています。
すぐやめて、では何をするべきなのか?
何をしたいか?なにが最適か?
その場でパパっと判断するのではなく、人生・将来が関わってくるので、
「自分」ときちんと相談してください!

ZEAL情報カテゴリの最新記事