おはようございます!
ご当地の某コーヒー店のドリンクを全制覇して色々味わいたいと思っている人事部・高橋です🥤🗾
本日は学ばない日本人について執筆していきます。

日本人の半分以上は「学ばない」

皆さん、社会に出ていく日本人の大半が学ばないという事をご存じでしたか?
ただ、会社にしがみつくことは自分の人生にとって分が悪いとはわかっていつつも、
「今さらまた学べといわれても何をすればいいかわからない」という人が大多数であったりします・・
社会人になってからも貪欲に学んだり、自己研鑽を怠らずに続けるのは、
「一部の意識の高い人だけのもの」というイメージは未だ根強いです。

実際、これはイメージだけではないようです。

厚生労働省の「能力開発基本調査」(2018年度)によると、
前年の2017年に「自己啓発」を行ったと回答した人は、労働者全体で約35.1%。
正社員では44.6%となりました。
ここでいう「自己啓発」とは、
社業を離れた場での学びである「越境学習」だけでなく、テレビやラジオ、専門書などを利用した自学自習も含まれます。

近年「圧倒的に学ばない国」と言われることもある日本・・
なおかつ社会人の半分以上が一切の学びをしていない状況なのです。

社会人の学び直しに必要なメンタリティ?

しかし、周囲が学ばないからこそ、
学ぶことで周囲との差別化ができるということですよね。

今の自分の仕事の周辺分野でも、
まったく関係のない分野でも、
学び続けておくことで、会社で行き詰まった時や必要とされなくなった時に、
人生の方向転換が可能になります。
今の社業のプラスになる場面も勿論あるでしょう。

心に留めておくべきことは、
学ぶことにも自己研鑽にも「正解」はないということです!

何をすればよくわからないけど、とりあえず何かやってみよう

まずはスタートはこれで十分です。

学ぶのに大切なこと

01.変化を恐れないこと
02.何歳になっても成長することはできると信じること
03.挑戦しつづける気力を持ち続けること

上記のようなマインドセットではないでしょうか。

また社会人の「学び直し」こそ、「何を学ぶか」「どう学ぶか」よりも、
「なぜ学ぶのか」を強く意識するべきだとしています。

好きなことを、好きなように学べばいいのです。
しかし、なぜ学ぶのかも後々明確にしておいた方がいいです。
それによって、自分の奥底に眠っていた、
「そういえば、昔はこんなことがしたかった」
「こんなことに関心があった」という意思とモチベーションが掻きたてられるからです。

大学に入り直して、
社会人学生として本格的に学ぶ(もちろんそれでもいいが)ことだけが「学び直し」ではありません。
休日に図書館で少し本を読むところから始めるのでもいいし、
気になっていたことを調べてみるのだって立派な勉強ですよね。

このままじゃいけない

・・と思いつつも何をしていいかわからない人は、
まず何かを学んでみよう・知ってみようとすることから始めてみるといいかもしれませんね!

参考文献:『なぜ、学ぶ習慣のある人は強いのか? 未来を広げるライフシフト実践術』
(徳岡晃一郎、佐々木弘明、土屋裕介著、日本経済新聞出版刊)

Previous post 日本が生んだ怪物?
Next post 続けていく”癖付け”!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です