車両はどこへ行く?Part.2

車両はどこへ行く?Part.2

おはようございます!
先日、初・日本橋デビューして“和”に触れてきた人事部・高橋です。

本日は前回に続き、
商用車がどのような国にいくのかということで、アフリカについて執筆していきます!

アフリカ

アフリカでは水道設備の問題があります。
アフリカ以外にも言えることではありますが、
新興国共通の悩みは安心して使える水道水が普及していないということです・・
アフリカでは、水を井戸から運ぶことが1日の大半の仕事になってしまう子供たちがいて、
水道の末整備が社会発展を妨げる最大の要因になっているのです。

南アフリカ

先程アフリカの現状を話しましたが、南アフリカ共和国でもやはり『水』の問題があります。
水道水の利用で特に問題はないのですが、
2014年頃には貯水槽に犬が入ってしまうなど日本では考えられないような問題として設備が整っていないという現状があるんです!🐶
米疾病気管理予防センターによると、
残念ながらアフリカでも旅人が水道水を気軽に飲める国は存在しないなども言われています・・

また、枯渇問題があり、日本・国土交通省が平成30年には、
「今後、南アフリカで深刻な渇水などの水問題の解決に向け、日本の経験や技術を活用しながら貢献していきます」と発表もしているぐらいです!

アフリカでの問題も山積み!ですね!!
より多くを買い上げて送らないと・・という使命を持たないといけないと感じさせられました。

トラックカテゴリの最新記事