こんにちは!人事部採用担当の本郷です!

もう6月に入ってしまいましたね😲

時間が過ぎるのは本当にあっという間ですが、皆さん思うような日々を送れていますか?

就活も大変だと思いますが、残り少ない学生生活も精一杯楽しんでほしいです✨

 

さて、今就活を頑張っている皆さんも大学を卒業すると

いよいよ社会人として社会に出て働いていくことになります。

4年間で学んだことが通じない場面もきっと出てくるでしょう。

大学やアルバイト、部活やサークルでも先輩として過ごしてきた分、

会社でまた1から学びなおさなければいけないことは大変に感じるかもしれません。

 

そんなときにぜひ活かしてほしいのがエビングハウスの忘却曲線です🌷

受験や大学などで聞いたことがある人もいると思います。

ドイツの心理学者ヘルマン・エビングハウスが考案して、

人があることを学習したときにどんな風に忘却していってしまうのかを現したものです。

 

エビングハウスの忘却曲線 研修

(出典:https://heart-quake.com/article.php?p=9963

 

簡単に言うと、人は1日経つと「学んだ内容の34%」しか覚えていません。

反対に言えば学んだうちの66%を1日後には忘れてしまうのです。

 

これは勉強だけでなく、働くうえでも重要です。

1か月後には21%しか覚えていないので、

毎日職場で一生懸命新しいことに挑戦して身に着けた内容も、

覚えたそばから頭から抜けていくことになります。

ではどうすれば学んだことを定着させられるのか?

 

答えは簡単、「復習」です🌞

 

単純なことに感じるでしょうか。でも有効的な方法です。

「24時間以内」「1週間後」「1ヶ月後」のタイミングで復習をすると、

記憶を維持し続けられると言われています🌱

もう少し詳しく言うと、復習を重ねればだんだん思い出しやすくなり、

1回目の復習よりも2回目の方が、2回目の復習よりも3回目の方がより短時間の復習で済みます。

 

皆さんもほんの10分程度でもいいので、今日やったことの復習をしてみませんか?

 

Previous post 「サクセスストーリー」を創るのは自分自身と?
Next post 長瀬麻衣が嬉しかったこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です