おはようございます!
2月から3月になるまで新幹線レベルであっという間だと思っている人事部・大部です!!
本日は自己効力感について書こうと思います!

さて、皆さん自己効力感って知っていますか??

自己効力感とは、
「自分が行為の主体であると確信していること、自分の行為について自分がきちんと統制しているという信念、自分が外部からの要請にきちんと対応しているという確信」を指すそうです!
自分に対する信頼感や有能感のことをいいます!
簡単に言うと!
何かの行為に対して「俺(私)うまくできそう!」とか、
「いいじゃん、自分!」といったセルフイメージを持っているということ!です!!

続いて第二問!
自己効力感を高める方法ってどんなものがあると思いますか?

この自己効力感ですが、主に4つの源泉によって形成されると言われており、
それらにプラスの影響を与えることで自己効力感が高まるのだとか!

・達成体験
自分自身で成功したり達成したという体験!
これが最も自己効力感を定着させるのだとか!
僕たちはすぐに「できていない」「足りていないこと」に目を向けてしまいがちだけれど、
「できている」「やれていること」ことに注目することが自己効力感を高める上では大事です。

・代理経験
自分以外の他者が達成している様子を観察することによって、「自分にもできそうだ」と感じること!!
「あいつにできるなら自分にできないはずはない」というわけです!
一見、嫌な感じかもしれないですが,他者と比べてみるのも大事なんです!!

・言語的説得
自分に能力があることや、達成の可能性があることを言語で繰り返し説得されること!
自分で自分に言い聞かせるのも有効だとか!
「俺ならできる!」と毎日10回くらい唱えていれば自己効力感は自然と埋まってくるんです!!

・生理的情緒的高揚
お酒やその他の要因について気分が高揚すること!
一時的な感覚はすぐに消えてしまうので、お酒や薬に頼っても幻想に過ぎないのであまりよくないですね・・

ちなみに、自己効力感を高めるということは、自分の人生の主人公は自分だと思い出させてくれるということでもあるんですよ?
自己肯定感にも似ているこの自己効力感について是非自分に合う思考法などなど見つけてみてください!!

Previous post 仕事へのモチベーション?
Next post 成長する会社・しない会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です