皆さん、こんにちは!

ドル円の動きにドキドキハラハラ!な長瀬です。

皆さんは、外貨為替に興味があるのでしょうか? 海外のショッピングサイトで買い物しづらくなってしまいました笑

本日は、就活生のみなさんだけではなく、高校生や社会人、誰でも応用できるゴール設定のコツをご紹介します!

 

“S-M-A-R-T GOALは、あなた自身の目標を定義・設定を助け実現に近づける頭字語のこと。”

それぞれの頭文字は 以下を意味しています。

 S : Specific 「具体的、はっきりしている」
 M : Measurable 「測定可能な」
 A : Achievable 「達成可能な」
 R : Realistic 「現実的な」
 T : Time-bound 「時間ベースな」

他にも、A-ttainable「獲得可能な」や、R-elevant 「関連性のある」などが例に挙げられます。

 

SPECIFIC

第一に、目標は明確なものに絞りましょう。

明確なものであればあるほど、自らのアクションも明確にしやすく実現の可能性が高くなります。

ここで自分自身に問うべき質問は、「自分は何を成し遂げたいのか?」です。

 

 MEASURABLE

次に、進捗を確かめるために、測定可能なものか見極めましょう。

どのようなエビデンスを持って自分が目標に近づいているのかが分かれば、ゴール設定時から前進しているという実感が湧きます。

ここでは、「自分の目標への進み具合を示すインディケーターは何か?」を問うてみましょう。

 

  ACHIEVABLE

「達成可能な」とありますが、これは簡単な目標を設定するべきだというわけではありません。

故意に挑戦的である目標を設定することで、自分自身の高みを目指しましょう。

「これまでにこの目標を達成した人はいるか?」

人それぞれ「達成可能である」と考える尺度は異なります。自分が挑戦したいと思う目標設定が理想的ですね。

 

 REALISTIC

一つ前の”A”とこの”R”には、強い関連があります。「達成可能」であることに加えて、「現実的な」ゴール設定が最適です。

ここで考えるべきものは、時間とリソースです。

例に、80キロの人がダイエットをして 50キロまで減量する目標を立てるとします。

1ヶ月以内に30キロ減量することは、「現実的」でしょうか? 時間というリソースが現実的ではありません。

達成可能で、現実的なゴールを設定し直すとすれば、1年間以内に30キロ減量するとしたほうが最適だと考えられます。

ですので、ここで問うべき質問は、「与えられた時間とリソースを活用して達成可能か?」になります。

 

 TIME-BOUND

最後に、締め切りを設けることです。

締切日を無しに、目標やプロジェクトの達成は実現しません。

自らのアクションに優先順位を設定し、モチベーションを維持するためにも

「いつまでに目標を達成するのか?」と、意識しておきましょう。

 

この SMARTメソッドは、目標設定とプロジェクトマネジメントのプロセスを明確にし、目標達成を可能にしてくれます。

皆さんも、目標はあるけど何から始めたら良いのかわからなかったり、目標が明確でモチベーションが上がらないと感じるかもしれません。

そんな時は、ぜひこのメソッドを実践してみてください!

実践してみたゴール設定は、コメントで共有してみましょう〜。

 

画像引用元: https://asana.com/resources/smart-goals

Previous post 信頼とは!
Next post ZEALの魅力★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です